酵素ナビ - 食品とサプリで効果的に補うには?TOP > 主な働きと性質@ > 熱との関連性

熱との関連性

 

不足した酵素を体内で再び充填するには、どうすれば良いと思いますか?

 

それにはまず、食事による摂取が必須になりますね。

ただし、この場合「熱に弱い」という酵素の特徴が一つのネックになると思います。

 

基本的に酵素は、ある程度の熱を帯びてくると壊れてしまうものです。

 

このようになると、もうその時点で酵素としての本来の役割は果たせなくなります。

 

いくら酵素が入っている食事を食べたとしても、効果は期待できないという事になるので、酵素を補充する目的で食事をする時は、必要以上に熱しないことが必要になりますね。

 

くれぐれも注意しておきましょう。

 

また、一つの問題として挙げられるのは、酵素の足りない状態で熱したものを食べると消化がしにくいと言われている事です。

 

そのため、身体に悪いということが挙げられますね。

 

これは、非常に厄介な悪循環でもあります。

 

単純に酵素を摂取できないばかりか、逆効果にもなってしまうんです。

 

この酵素が壊れる温度というのは、それぞれの種類によって異なります。

 

※大きな範囲の中では「48〜70℃」です。

 

このような基準があります。

 

言い換えると、48℃で壊れる酵素もあるし70℃までもつ酵素もあるという事です。

 

ただし、残念ながらどの酵素がどれだけの温度まで耐えられるかについては、確実なことは言えません。

 

※基本は、48℃未満の状態で食する必要があります。

 

48℃というと、人間の体温より10℃程度上になるので、熱しているという感覚はありませんね。

 

分かりやすく言うと、火を通した場合やレンジでチンして食べた場合では、もうその時点で酵素は壊れていると言えます。

 

よって、酵素を含んでいる食事を心掛ける必要がありますが、酵素を補充する場合には火を通さずに食べることをお勧めします。

 

主な働きと性質@記事一覧

人体との関わり

消化酵素をはじめとする酵素には、様々な役割があります。それぞれに人体が存在して活動を行っていて、繁殖していく上で非常に大きな役割を担っていると言えます。そんな酵素の...

血液との関わり

血液の粘性と言えば、人間にとって健康のバロメーターの一つとも言えますよね。よく「ドロドロの血液」などと形容されると思います。実際に血液がドロドロになると、血栓の原因...

内臓との関わり

体内に酵素が不足すると、血液がドロドロになってしまうというデメリットがありますが、それ以外にもたくさんのデメリットがあります。その中の一つに、内臓との関係が挙げられますね。...

お通じとの関わり

人間の体内には、「宿便」と呼ばれる排泄しきれていない便があるんですが、ご存知ですか?老廃物などによって生成された便は、全て綺麗に体外へ出ていくとは言えないんです。ま...

熱との関連性

不足した酵素を体内で再び充填するには、どうすれば良いと思いますか?それにはまず、食事による摂取が必須になりますね。ただし、この場合「熱に弱い」という酵素の特徴が一つ...

アルコールとの関連性

私もそうですが、社会人になると色々な悩みを抱えますよね。その悩みを癒してくれる一つの方法として、深酒があります。アルコールを摂取することは、人間にとって嫌なことを忘...