酵素ナビ - 食品とサプリで効果的に補うには?TOP > 主な働きと性質@ > 内臓との関わり

内臓との関わり

 

体内に酵素が不足すると、血液がドロドロになってしまうというデメリットがありますが、それ以外にもたくさんのデメリットがあります。

 

その中の一つに、内臓との関係が挙げられますね。

それは当然、酵素と内臓との関係にも繋がってくるので、注意しておきましょう。

 

血液と言うのは、体内から出てきた老廃物を腎臓、肝臓といった器官へと運んでいきます。

 

そして、それらの器官で処理して排泄を行い、体内に不要なものを残さず綺麗に出していきます。

 

簡単に言うと、これが健康のメカニズムになりますね。

 

しかし、血液がドロドロで消化をしっかりしていない脂肪や老廃物をそのまま腎臓、肝臓に送ってしまうと、それらによって内臓に大きな負担がかかります。

 

そして、場合によってはしっかりと処理ができないというトラブルが発生してしまいます。

 

こうなると、腎臓や肝臓が悲鳴をあげてしまいますね。

 

病気になってしまう可能性が十分に考えられます。

 

肝臓の働きとしては、体内の様々な成分を分解するという働きがあります。

 

それで、血液は一旦体内の様々な成分を肝臓へと運び出し、肝臓で分解した後また血液に乗せて別の部署である内臓へと運んでいきます。

 

肝臓を一般社会の中で例えるなら、体内における受付のようなものでしょうか。

 

そのため、肝臓が上手く機能しないと、運ばれてきた物をしっかりと処理できなくなります。

 

そうなると、どんどん老廃物を溜め込んでしまいます。

 

また、腎臓は血液によって運ばれてきた老廃物を綺麗に処理して尿にする働きがありますが、もしその老廃物が尿に出来ないくらい消化不良のものになると、そこに溜め込んでしまいます。

 

そうすると、当然腎臓が傷んで機能に支障をきたしてきますよね。

 

こういった問題を回避する為には、酵素の量を保つことが大切という事になります。

 

主な働きと性質@記事一覧

人体との関わり

消化酵素をはじめとする酵素には、様々な役割があります。それぞれに人体が存在して活動を行っていて、繁殖していく上で非常に大きな役割を担っていると言えます。そんな酵素の...

血液との関わり

血液の粘性と言えば、人間にとって健康のバロメーターの一つとも言えますよね。よく「ドロドロの血液」などと形容されると思います。実際に血液がドロドロになると、血栓の原因...

内臓との関わり

体内に酵素が不足すると、血液がドロドロになってしまうというデメリットがありますが、それ以外にもたくさんのデメリットがあります。その中の一つに、内臓との関係が挙げられますね。...

お通じとの関わり

人間の体内には、「宿便」と呼ばれる排泄しきれていない便があるんですが、ご存知ですか?老廃物などによって生成された便は、全て綺麗に体外へ出ていくとは言えないんです。ま...

熱との関連性

不足した酵素を体内で再び充填するには、どうすれば良いと思いますか?それにはまず、食事による摂取が必須になりますね。ただし、この場合「熱に弱い」という酵素の特徴が一つ...

アルコールとの関連性

私もそうですが、社会人になると色々な悩みを抱えますよね。その悩みを癒してくれる一つの方法として、深酒があります。アルコールを摂取することは、人間にとって嫌なことを忘...