酵素ナビ - 食品とサプリで効果的に補うには?TOP > 主な働きと性質@ > 血液との関わり

血液との関わり

 

血液の粘性と言えば、人間にとって健康のバロメーターの一つとも言えますよね。

 

よく「ドロドロの血液」などと形容されると思います。

実際に血液がドロドロになると、血栓の原因になりますよね。

 

これによって、老廃物の除去が上手くできなくなるので、悪いことずくめになってしまいます。

 

この血液がドロドロになる原因としては、消化不良が挙げられます。

 

腸の中でしっかりと栄養素を消化しきれなかったからです。

 

この場合、体内にその残りの分子が再吸収される事になります。

 

その残りの分子というのは消化しきれてないので、その分子は比較的大きいです。

 

また、栄養素として吸収されていないので、老廃物や脂肪として蓄積してしまいます。

 

これこそが、血液をドロドロにしてしまう要因になりますね。

 

腸が正しく吸収されていないので、血液の方にそれらの成分が回ってしまうんです。

 

そんな中、酵素にはこのような血液のドロドロ化を防ぐ働きもあります。

 

その理由としては、言うまでもなく消化が当てはまりますね。

 

酵素は、消化酵素に代表されるもので、腸における消化という大きな役割を担っていると言えます。

 

消化をしっかりと出来るかどうかは、その酵素が適量あるかどうかにかかってくると言っても過言ではないですね。

 

逆に言うと、しっかりと酵素を確保していないと、消化が上手くいかずに血液の中に多数の不純物が混じったり、ドロドロの血を生み出してしまうことにも繋がってしまいます。

 

これについては、ダイエットの観点でも非常に重要なことでもありますね。

 

もしも血液がドロドロだと、老廃物がしっかりと輩出されずにいつまでも体内に残ってしまうという事になります。

 

それは当然、脂肪もしっかり吸収されずに蓄積していくので、それらを防ぐのが酵素の役割になりますね。

 

主な働きと性質@記事一覧

人体との関わり

消化酵素をはじめとする酵素には、様々な役割があります。それぞれに人体が存在して活動を行っていて、繁殖していく上で非常に大きな役割を担っていると言えます。そんな酵素の...

血液との関わり

血液の粘性と言えば、人間にとって健康のバロメーターの一つとも言えますよね。よく「ドロドロの血液」などと形容されると思います。実際に血液がドロドロになると、血栓の原因...

内臓との関わり

体内に酵素が不足すると、血液がドロドロになってしまうというデメリットがありますが、それ以外にもたくさんのデメリットがあります。その中の一つに、内臓との関係が挙げられますね。...

お通じとの関わり

人間の体内には、「宿便」と呼ばれる排泄しきれていない便があるんですが、ご存知ですか?老廃物などによって生成された便は、全て綺麗に体外へ出ていくとは言えないんです。ま...

熱との関連性

不足した酵素を体内で再び充填するには、どうすれば良いと思いますか?それにはまず、食事による摂取が必須になりますね。ただし、この場合「熱に弱い」という酵素の特徴が一つ...

アルコールとの関連性

私もそうですが、社会人になると色々な悩みを抱えますよね。その悩みを癒してくれる一つの方法として、深酒があります。アルコールを摂取することは、人間にとって嫌なことを忘...